NHK BS3 新日本風土記 「十勝」 が放送されます。

北海道の芽室町・上美生地区で行われている山村留学の応援団「山村協」のブログです。 ライターさん募集中です! みんなで山村留学を楽しみましょう!コメント大歓迎です。
2016/11/08(火)
初回  11月11日(金) 午後 9:00
再放送 11月18日(金) 午前 8:00

こちらで放送内容が閲覧できます。
ココをクリック →→→ 新日本風土記 

予告の記事をそのまま転記させていただきます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
北海道南部、見渡す限りの広大な平野に、パッチワーク模様の畑が広がる十勝地方は、食料自給率実に1200%の農業王国だ。農家1戸あたりの耕作面積は全国平均の24倍。大型機械を駆使するアメリカ式の大規模農業を導入し、“日本の食料庫”となった。
十勝の基礎が築かれたのは、明治16年のこと。三方山に囲まれ、地理的条件に恵まれなかった十勝は政府から注目されず、屯田兵も配置されなかった。その十勝の開拓を進めたのが依田勉三という青年が設立した民間会社「晩成社」だった。十勝の人々は、官に頼らず切り開いた“自分たちの土地”で今も“新しいこと、大きいこと”へと挑戦し続けている。広大な小麦畑で人々が夜通し協力し合いわずか数日で刈り取る秋の収穫。60代で起業し“理想のガーデン”作りを追い求める89歳の女性現役社長。開墾の友・農耕馬をより強く、より大きく育てて競いあうばん馬レース。今年、台風によって大きな被害を受けながらも、たくましく前を向く、農業王国・十勝の人々を描く。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

よかったらご覧になってみてください。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © 山村協Blog All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド