上美生視察

先日鹿追町瓜幕の山村留学視察の事を書きました。

23日に今度は瓜幕の皆さんが上美生の山村留学を
視察にいらっしゃいました。

私は都合で昼の昼食会のみ参加し、親子留学の皆さんとも
交流させてもらいました。

午前中はセンターを見学したり、山村留学の現状を
意見交換したり。
中学校も見学したのかな?

お昼は嵐山でお昼を食べながら、皆さんとお話できました。
記念撮影
皆で記念撮影

前回伺った時にいらした方もいたし、初めましての方も。
前回の視察と時期が近かったため、距離もぐーんと
縮まり、ざっくばらんに色んなお話ができました。

まだまだ、お話したかったです。
山村留学に関して共通する悩みとか、共有して共に
発展できたらいいなあと思いました。

鹿追でカフェをやってらっしゃるCAFE・Lizさんの
ケーキも食べさせてもらって、おいしかった!

御一行様
帰る頃には雪が
またねー
ばいばーい!またね~

色々実りのある時間でした。ありがとうございました。


そうそう、私事ですが携帯をだめにして、アドレス電話番号
全て消えてしまいました。
友よ!空メールを何か送ってくれ。
ブログ、私用連絡で使ってすみません。


ジュニア技術選手権 inメムロスキー場

上美生の子供達にとっては、「庭」のようなメムロスキー場。
18日(土)にジュニアのスキー技術選手権が行われました。

皆さん技術選(技選)ってご存知ですか?
アルペンは旗門を通過してスピードを競いますが、
技術選は滑りの見た目を競います。
同じ大回り、小回りでもターンの綺麗さとか板を走らせる
技術とか5人の審査員が点数をつけ、上下を省いた3人の点数を
合計していきます。

快晴の開会式
この日は快晴で、十勝管外からも子供達が来ていました。

Dコース
競技はDコースで行われ、種目は大回り、小回り、総合滑降です。

にぎやか
普段はあまり人のいないDコースの下も今日は応援や見学の人で
にぎやかでした。

表彰式 無事終了
小学校から高校生までそれぞれが自分の滑りをみせて
見ていても華やかで楽しかったです。

士幌や新得、鹿追からも参加しているので、地元の上美生小学校の
子供達も来年ぜひ参加してください。
スクールに通っているお友達も沢山いるようですし。
またスキーを上手くなりたいという目標にもなると思います。
上級者がでるというイメージがあるかもしれませんが、そんなことは
ないので、皆さん気軽に参加してください。
ウィンタースポーツを楽しみましょう!

ひゃー、二月も半ばだ!

今年は本当に寒い日が多いですね。
寒い寒い
車からタラっと垂れた水も凍ってつながってます。昼間なのに。
岩見沢のほうは雪大変そうですが、十勝は今年少ないですから、
スキー場もこの寒さのおかげでまだ溶けなくてすんでます。

寒い中のぴりっとした十勝晴れもいいものです。
十勝晴れ

管理人さんの記事の氷灯夜。
今年の花火もメムロスキー場の頂上から見てました。
空気も澄んでるから結構よく見えます。

これけっこうすごいイベントだと思います。
芽室だからこれくらいの込み具合ですみますが、
都会だったらものすごい人だと思います。
それくらい素敵なイベントです。

昼間通った時、子供達が楽しそうに遊んでいました。
昼間もにぎやか

終わった次の日、雪はもう平らにされていました。
終わったあと
雪っていいですね。とけたら水ですし。お台場あたりの
夏休みってイベント終わって壊すのも一苦労ですものね。
お祭りの後は寂しい気がしますが、また来年!ですね。

学校の子供達、もう2月の半ばで、残りが少なくなって
きました。息子の学年中3の皆も受験シーズンまっさかり。
センターの子たちは本州に戻り試験を受けにいったり
しています。
PTAや山村協の方も総会に向けて色んな準備、会議で大忙しです。

母の部も1月恒例行事の先生方との懇親会も大盛況に終わり、
次年度への準備を進めています。

母の部というわけではないのですが、町のお母さんたちの懇談会
「お茶懇」が先日ありまして、私も行ってきました。
お茶懇
町内の小学校が順番で担当になり、学校にこだわらず
気軽にお母さんたち話しませんか?という趣旨です。

そして、男性の先生やPTAの係のお父さんがお茶をいれて
くれるんです。
堅苦しくなくて、日常思ってることをそれぞれ話しました。
今回でた話は、やはり子供のゲームの使い方や、忘れ物が多い
とか。皆「うちもうちもー」とだしきることですっきり!
そうそう、お父さん方注意してくださいよ!
お父さん操縦ネタでも盛り上がりましたから(笑)

芽室町の広報誌の表紙に・・・ヽ(^o^)丿

芽室町総合情報誌[すまいる] 2 0 1 2 年(平成24年)2月号 
の表紙を、上美生中学校の子どもたちが飾りました。
メムロスキー場の上から・・・
大きな画像は、コチラをクリック!

スキー学習の日のひとコマだそうですが、真っ白な十勝平野を背景にした子どもたちの笑顔がまぶしいです。
[すまいる]は 芽室町のHPからリンクされていますので、
芽室町外に在住の方で、芽室町のことを知りたい! 方は、御覧になってみてください。


今週は、バレンタインデーですね。  オジサンにはあまり関係ありませんが・・・(^_^;)
例年、山村留学センター『やまなみ』では、女の子たちがチョコレートを手作りしています。
この週末あたり、センター中に「甘い香り」が充満することでしょうね。


芽室町では、毎年、バレンタインデーに 『氷灯夜』 が開催されます。
告知ポスター

約5,000個のアイスキャンドルが煌く、幻想的な一夜だけのイベント。
時期的に寒いことが多いのですが、それでも多くの方が来られます。

詳しくは リンク先 の情報で確認ください。






という訳(?)で、バレンタインデーまでの期間限定・・・・
雪の変わりに『ハート』を降らせてみました。
(もちろん借り物です。 作者さん、ありがとう。)

→→→ ご使用のPC・ブラウザによっては、上手く表示されないようです。
      ゴメンナサイ・・・・


鹿追町山村留学視察

お寒いですね~。
朝さらっと降った雪もふわふわです。
ふわふわ

2月2日(木)に山村協役員さんと親子留学保護者の私とで
鹿追町瓜幕自然体験留学センターを訪問しました。

瓜幕小学校、中学校は規模も上美生と似ていて山村留学の先輩でもあり
以前も伺ったり、来ていただいたりして交流させてもらっています。

しゅっぱーつ
今回は学校の活性化、地域の活性化を図るために、意見交換をさせてもらい
今後に活かしていこう!というのが目的です。
会長さんの車に乗せてもらっていざ出発!

おじゃましまっす
ここでのセンター留学生は小学生5名、中学生1名です。
上美生同様小学4年生から中学生まで受け入れています。
規模は似ていても、上美生との違いは小学生が多いということかな?
鹿追町は中高一貫を特色としているので、小学校の段階で
まだ高校まではイメージはしないので小学校卒業で
留学が終わる子が多いのでは?との事でした。

鹿追高校は男子寮もあるので、中学でセンター留学できて
そのまま鹿追高校に進学する子もいるそうです。
上美生と瓜幕それぞれの特色を理解しあい、
見学の人たちに紹介しあったりして、十勝の山村留学が
活性化していけばいいなあと思いました。

瓜幕の方々が感心していらしたのは、上美生の山村協の役員が
現役のPTAが多いということでした。
当たり前のように思っていてもそうでないことってありますよね。

どちらも共通することは、山村留学をスムーズに行うには
学校、地域、親、センター、すべてが上手く連携できて初めて
可能になる。という思いでした。
瓜幕の役員の方の「大変だけど、子供の成長をみれたときには
本当に良かったと思う」という言葉、ずっと続けてきた実績の
上にある言葉でとても心に染みました。

ぱんふれっと
立ち話はつづく
センターの外観です。ついつい立ち話にも花が咲き。

こちらは大雪山
帰り道、車窓から。こちらは日高山脈でなく大雪山系です。
どちらも素敵な景色です。

今回の訪問は自分にとって色々考える機会を与えてもらいました。
ありがとうございました。

ライターさん募集中!

上美生や山村留学の事を
ユルユルと紹介しています。
一緒に書いてみませんか?
お子さんのいる方、
上美生・山村留学に縁のある方、
大歓迎です!

興味がある方は、
ココ をクリック!
ライターに興味あり!
ってメール下さいね。

リンク
プロフィール

ライター 募集中!

Author:ライター 募集中!
●管理人
 東京から越してきて10年超。
●わた
 27年度から会長になりました。
 よろしくお願いします!
●ひで
 23年度から相談役に就任!
 まだまだ山村を応援し続けるべ!
●顧問
 会長卒業して顧問になりました。
●たか
 上美生で生まれ育ち38年
 根っからの上美生っ子です
●Aっしー
 2004年2学期から息子と
 親子留学で上美生へ。
●sugar
 次女「やまなみ」でお世話に
 なっていました。
●林檎
 上美生で生まれ育って
 40数年です。
●のぶりん
 小学校の教員です。
 小学校の様子のこと伝えます。
●ライター純有(ジュンユウ)
 21年度に上美生へ来ました。
 中学校の様子を伝えます。
●さすらいのトランペッター
 京都より帰郷して15年超。
 上美生に4年、そして今は・・・
●風来坊 たかじい
 小学校の新しいライターです
 趣味は、ゴルフと野鳥観察!

カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
落ち葉が舞い散るスイッチ