山村協Blog2005年10月

北海道の芽室町・上美生地区で行われている山村留学の応援団「山村協」のブログです。 ライターさん募集中です! みんなで山村留学を楽しみましょう!コメント大歓迎です。
2005/10/31(月)
この頃暗くなるのが早くなりました。
ちょっぴり寂しい気もしますが、子供も遊びから早く帰ってくる
し、夜が長いのでちょっと得した気分にもなります。
息子が寝るまでの時間、最近は将棋をしたりトランプをしたり
しています。神経衰弱などすると、自分の記憶力の衰えぶりに
唖然としますが・・・。
こういう時間はいつまでもあるわけではなく、期間限定なので
ゆっくりゆっくり、子供との時間を味わって覚えておきたいな
と思います。息子も記憶の片隅でいいから残しておいてほしいな。

よそのお家も電気のつくのが早くなるので、それぞれの夕飯、
それぞれの団欒があるのだろうなーなんて思って見ています。
家の中からもれる灯り、私は蛍光灯より電球(暖光色っていうのかな)
の灯りの色が好きです。
カーテンの向こうで緒方直人がシチュー食べてそう・・・。


ゆう

お日様今日もありがとうまた明日。
    暗くなりはじめた上美生
2005/10/30(日)
今日 学習発表会が終わりました
山村留学している子どもたちは 久しぶりに親や
おじいちゃん おばあちゃんに会えて じつにいい顔してました。(^_^)

また 今春留学を終えて親元に帰っていった N子ちゃんのおねえちゃんや 
Kちゃんもわざわざ飛行機で来てくれてびっくりしました
そういえば 彼女たちにとっては、今の中学3年生は同級生なので
最後の学習発表会を観に来てくれたんですね、、、ありがとう~

毎年思うのですが 子ども達はじつに上手に楽器を演奏したり
演劇をしたりします。私が子どもの頃はこんなに出来ただろうかと
ン十年前に思いを馳せましたが、、記憶が飛んでありませんでした (^-^b

募集部長も書いていたように 私も楽しみにしていた
中学生の演劇は 今年も見ごたえのある大作でした
内容も 家族の絆や溝といった 今風の問題を取り上げ
事故で亡くなった家族がユーレイになり 一人生き残った主人公だけが
見る事ができ会話もできるというストーリーで進みますが
なかなか 中身の濃い 考えさせられる題材でした、

ちなみに、うちのおふくろ、、、69才になりますが
「わしには 何がなんだかさっぱり解らんくて 疲れた、、」の弁 
ん~ ばあちゃんには 中身が濃すぎたみたいです、、、('▽'bグッ
2005/10/29(土)
上美生小中学校合同で開催される、春の運動会と並ぶ一大イベント。
小規模な学校ですから、子どもたち全員が主役。傍観者では居られません。
発表会に向けた特別時間割で頑張ってきた様子、本番が楽しみです。(^o^)丿

観客も幼児からおじいちゃんおばあちゃん、卒業生まで・・・バラエティに富んでいます。
朝早くから体育館に敷物を広げて場所取り・・・お昼はそこでお弁当を広げて・・・
演じ手と観客が一体化したとても良い雰囲気でプログラムが進みます。

自分が子どもの頃の学芸会(昔はそう言ってました)はあまり記憶に残っていません。
生徒数が多くてトコロテン式に合唱して笛吹いて・・・それで終わり。
劇に出ても台詞も無いようなその他大勢。観るほうも張り合いがありませんよね。

ここではみんなが主役、気合の入り方が違いますし、観客にもビシッと伝わってきます。
全てのプログラムが終わる頃には、観ている方も疲れてしまうぐらい(心地良くですが)

個人的には、例年、最後の演目である「中学生による劇」が楽しみです。
1時間近くの大作で完成度も高い・・・一度だけの上演ではもったいないくらい。
今年はどんな劇を観せてくれるんでしょう。

センターの留学生たちも頑張っているようです。
しばらく合えなかったご家族と会える楽しみ、観てもらう喜びと緊張感・・・
今晩はちょっと寝つけないかもね。ぐっすり休んで、明日の本番、頑張って下さい。
2005/10/27(木)
先日、雪虫について書きました。うれしかったから・・・。
会う人、話す人に報告していました。うれしかったから・・・。
でも「あれはね・・・」と、気になる反応もありました。

近所の子と雪虫の話をしていて、「かわいいよねー」と私が
超笑顔でいると、「うん。でもアブラムシだけどねー」と一言。
え?まじ?まじですかー?君はアブラムシの仲間だったのか・・。
でもいいのだ。かわいいから。今日も仕事から帰って車から
降りると、ぽよぽよ飛んでいるので、「ただいまー」と思わず
言ってしまった。
天気予報にマークがあったりする日もあり、冬が近づいている
のですね。
2005/10/26(水)
昨日は終日すごい風。
主に西からの風で、わずかに残された街路樹の葉っぱがどんどん飛ばされる。
この先何処へ吹き溜まるんだろう・・・と要らぬ心配するほど枯葉が流されてゆく。
うちの子は友人宅から帰る途中、その強風の中、路上でカードゲームをぶちまけ、
回収するのに相当手間取ったらしい。(-_-;)

毎年この時期に吹く西からの強風は、本格的な冬の訪れを教えてくれます。
道北では初雪、十勝でも峠のふもとでは雪が舞ってたそうな。
昼間がどんどん短くなり、4時半頃には薄暗くなります。
そろそろ冬支度を始めないと・・・。

上美生での初雪はいつ頃かな。例年なら11月中旬かな?
本州出身の私には、子どもの頃、そして今でも雪は特別なもの。
校庭に雪が積もると授業が中止され、そこら中に雪だるまが出現したのを思い出すなぁ。

こっちでは雪は特別なものではなく、雪だるまを見ることもあまりありません。
圧倒的な雪の量にわざわざ作る気にはならない?
雪がさらさらで固まりづらく、直ぐに崩れてしまうから?
今年は童心に帰って雪だるまを作ってみようか・・・。

 | Copyright © 山村協Blog All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド